EDの治療ってどうするの?

12月 22nd, 2014

EDという診断を受けたり、自分がEDではないかと疑ったりすると、次に不安になるのが、どのような治療を行うかということですよね。

いったいどんなことをされるのか、またはしなくてはいけないのかということを考えると、EDを疑ってみても不安になってしまって病院に足を運ぶことができません。

EDという診断を受けたら、早速その治療にかかるわけですが、EDの治療はまず服薬から始まります。

EDの治療に使われる薬というと、バイアグラ、レビトラ、シリアスという名の3種類の薬があります。

この3つの薬を試していって、最も効果が現れた薬を使って性交渉を成立させることで、治療としています。

ただし、この治療法は、現在の日本で最も多い心因性のEDには有効なのですが、器質性EDや薬剤性EDには効果が現れないことも多くあります。

それは、器質性EDや薬剤性EDは、男性の性器に流れる血液量を促進させるために発信される刺激を、男性の性器が受け取れないからです。

つまり、これらの治療薬は、性的に興奮して起こった信号は、確実に男性の性器にまで届くという前提で使用されるのです。

もし薬剤性EDという場合には、医師に相談して、使用している薬を変更すれば、治ってしまうということも多くのケースであります。

また、器質性EDの場合には、最悪の場合は手術をすることもあります。

どの治療法が自分に合っているかというのは、まずは医師に相談してみて、自分の状態をしっかりと見極めてもらってからにすると良いでしょう。

This entry was posted on 月曜日, 12月 22nd, 2014 at 2:23 AM and is filed under 段階. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.